Real estate

快適な生活

賃貸の種類

賃貸は、住宅の購入に比べ、住宅ローンという重荷が無いため、学生から高齢者まで幅広い層に人気があります。 各物件においては、立地によって利便性が大きく変わる場合もあります。これは、家賃の相場にも関わってくるポイントでもあり、鉄道の主要駅の有無と、駅から物件までの距離で判断されます。一般的には、駅に近いほうが、通勤通学や買い物など、普段の生活が快適になります。そのため、人気とともに需要も上がるため、家賃は比較的高めとなるのが特徴です。家賃の負担が大きい場合は、主要駅から2〜3駅離れた、比較的家賃の下がる場所であっても、快適な生活を送ることが可能です。

家賃の相場と他の費用は

賃貸の契約には「家賃額×月数」といった表現が多く用いられています。まず、家賃以外で契約にかかる費用の一部としては、入居前に支払う前家賃、敷金と礼金、仲介手数料、火災保険料などです。 敷金と礼金については、ゼロ〜3ヶ月分が相場となっています。仲介手数料は0.5ヶ月〜1ヶ月で、ゼロの場合もあります。火災保険は2年契約で15,000円程度が相場です。 家賃については、部屋面積、設備の充実度、築年数、地域と利便性、陽当り条件など、様々な要素が絡んだ上で、周辺のおおよその相場で決定されます。そのため、面積が広く最新の物件であっても、入居者が決まらないようであれば、家賃額も下げられる、ということになります。 このように賃貸の家賃においては、恒久的な相場が無いことも大きな特徴となっています。